2007年08月16日

どう思いますか?今のミリオネアFX・・・

ミリオネアFXの作者、長谷川さんから新しいシステムの提供がありましたが、どう思われましたか?購入者限定の提供です。

この新システムをどう使えばいいというのでしょうか?はっきりいって利用者の心をかき乱しているとしか思えません。

通貨ペアが追加されたことはいいことです。(自分で通貨ペアを追加したバージョンを作成してはいましたので僕にとって何の意味もありませんが、この点は購入者の利益追求をサポートしていると認めることができると思います。)

通貨ペアごとにパラメーターをコントロールできるようにしたのが何とも勝手だなぁ〜と思えて仕方がないのです。僕ら購入者をバカにしていませんか?と言いたい。

一度決めた手法で投資をしようと決心して始めた人がおそらく数千人いると思われます。(購入者数の限定をセールスページで謳っていますが、守られていないのは明白で、これは違法です)
そのような数千人の人たちに対してしっかりと説明もありません。
また、パラメーターを変更して、1度決めた投資方法を途中で変更させるのですか???と言いたい。
これってシステムトレードですよね?システムトレードは一度決めた方法で坦々とトレードするから確率的に有利な結果が得られるのはなかったのでしたっけ???と言いたい。

みなさんはどんな風に思われましたか?
どんなことでもいいので教えて欲しいです。
コメントお待ちしています。
posted by たかちゃん at 10:05| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

サイン通りのオペレーションをするには・・・

今回のサイン通りにオペレーションするには、どのようにするのがよいのでしょうか?迷われている方いませんか?

今の状況は、たとえば下のような状況です。

・ポジション5万通貨ロングしているときに、サインが2万通貨ロングと出た

この状況で以下の2通りのオペレーションのやり方があるのですが、正しいオペレーションはどちらでしょうか?

どちらも、手仕舞い後のポジション量が3万通貨になるのは一緒です。

(1)5万通貨ショートして、2万ロングする

(2)3万通貨ショートする

ミリオネアFXのロジックを確認しました。あくまでシステム通りに取引したいという方は、参考にしてください。

システム通りに行わない場合、バックテストと同じ結果が得られないということなので。。。

正しいオペレーションは、 (1) です。

つまり、5万通貨ロングはすべて手仕舞いとなります。

ミリオネアFX作者の長谷川さんによるQ&A集は読まれましたか?

そのQ&A集に、「手数料がもったいないので差分を決済する」ように書かれているところがありますが、これは、買い増しする場合について書かれている内容と思われます。(ただ、買い増しする場合について書かれていたとしても、システム通りではありません。)

今回は買い増しではなく、特に、(1)(2)で残った3万通貨の約定値が異なることになりますので、どちらで行うかで意味が異なります。

ご参考まで。
posted by たかちゃん at 22:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

バックテスト期間を拡張して検証しました!

EURが導入された1999年からバックテストの検証期間をひろくとって結果がどうなるかを検証してみました。

結論からいって、円安傾向でない場合は利益がでないシステムだと思います。

1999年から2007年5月までの損益推移グラフを作成しましたが、収益推移が右上がりになるのは、2004年末から2005年初あたりからです。
商材のバックテストは、右肩上がりになる部分のみを抜き出したようにも見えなくもないです。

ここからはレバレッジによって異なるのですが、12倍だと、
1999年初から5月ぐらいにかけて、収益があがりますが、1999年末にもとの水準(初期資産額)まで下がり、さらに元手を大きく損失した状態で2004年末あたりまで低空飛行する感じです。

レバレッジが6倍程度だと、
同じく1999年初から5月ぐらいにかけて、収益があがりますが、1999年末にもとの水準(初期資産額)程度で水平推移して2004年末あたりまでいく感じです。

はっきりいって、円安傾向でないと、2004年末から2005年初あたりからの収益推移は出ないと思います。

個人投資家による高金利通貨買いが目立ってきたころと重なるとすれば、この円安傾向はしばらく続くと思われるので傾向が続く限り使えるのかもしれません。
個人投資家による高金利通貨買いはもちろん、円の低金利がもとで人気があるわけなので、円の低金利が続く限りと解釈することもできるかもしれません。

少し期待はずれだったのでショックです。
といいながら、少し感覚としてそうかなぁーと思っていた範囲ではあります。

スワップ狙いのトレードは、円安傾向に下支えされているトレードといえると思いますが、その円安傾向に対して円高時の押し目買いを狙うトレードがミリオネアFXのトレードです。ある意味スワップ派と共通したトレード方針ですが、為替差益も円高時を狙って果敢に取りに行くトレードというイメージですね。

なお、スワップ金利は2005年初以降のデータしか用いていない(商材のまま)ので、その効果が薄れて収益推移に現われているかもしれません。
(余力があれば、スワップも考慮したバックテストもしてみたいと思います。)

posted by たかちゃん at 13:56| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

カーブフィッティングについて

カーブフィッティングとは、システムを過去の相場にぴったり合うように過剰に最適化することのようですが、このカーブフィッティングがシステムの良し悪しを決めるようです。

過去の相場に合うようにシステムを作るので、バックテストの成績は優秀になるのですが、実際の取引で使うと過去と未来は同じではありませんので、大抵の場合、バックテスト通りに行かないようなことがおこるようです。

ミリオネアFXはカーブフィッティングしているのでしょうか?

僕はしていないと思います。
・システムの売買ルールがすごく単純
・シンプルな売買ルール以外でダマシを排除するためのフィルターがない
・条件のパラメータを少しづつ変化させると少しづつ収益グラフが増加減する
・ポジション保有期間が一定
などが、そう思う理由です。

まだまだ素人感覚なので詳しくは勉強中です。
このあたり造詣ある人いたら教えてください!

カーブフィッティングについての記事は以下
http://app.blog.livedoor.jp/mastertraders/tb.cgi/50361629
posted by たかちゃん at 22:37| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。