2007年10月25日

手堅く15pipsゲット

今日は、朝一の絶好のエントリーチャンスを逃してから
というもののエントリーチャンスがなかなか到来
していません。

ロンドン時間に入ってさすがに取引高が多くなり、
相場に動きが出てきました。

1025.bmp

朝一のチャンスは逃しましたが、ロンドン時間に入って
円安に触れたところを売り指値を入れて15pips取りました。

GBP/JPY 233.55S 233.40 15pips

このようにQQEのサインを使うのも効率がよくいいですね。
絶対に有効というわけではありませんが、
勉強になりました。

今日のNY時間は昨日と同様、住宅絡みの指標発表が
あるので、ショート方向にポジションを持つのが
よいと思われます。

円安に触れたところでショートします。

ではまた。


posted by たかちゃん at 16:45| 東京 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15分足でQQEを見ていますが、
売買シグナルが1〜2本さかのぼって点灯しますね。
つまり、シグナルが後付になるので、
過去のチャートで検証するといいタイミングで点灯しているように見えますが、
実践では効果は半減するような気がします。
Posted by 超初心者 at 2007年10月25日 23:09
超初心者さん:
なるほどよく観察されてますね。僕は使っていて全く気がつきませんでした。他のブログでもそのようなコメントを見ましたが、使っていて全然気がつきません。きっとチャートのロウソク足の幅に対する矢印の大きさが大きいので少しのずれに気がつかないのでしょうね。そのようなことに限らず、実際にデモトレードして結果が出るかどうかが全てのシステムトレードに重要な点です。机上の空論ではなく実際に使えるかどうかの議論が必要ですね。結果からいうと、BIG BANGやSuper FX SYSTEMなどと比べると僕の場合、かなり使えるシステムです。相場感があったり、スキャルにある程度取り組まれている方が使う上では有効に働くと思いますが、システム頼りの方が使うシステムではないでしょうね。
Posted by たかちゃん at 2007年10月26日 11:34
横レスで済みません。
超初心者さんの仰せの通りだと思います。
私は分足で見てますが、サインが付くと1〜2本さかのぼって付きますから実戦では効果が落ちますね。
ただ、サインがついた直後の値動きがあまりなければ即エントリーでも良さそうだと思ってます。
Posted by とめ at 2007年10月27日 01:58
>たかちゃん
>とめさん

ご丁寧な回答ありがとうございます。
シグナルが点灯した時点で、
そのトレンドが継続しているようであれば、
エントリーしたいと思っています。

これからも有益な情報をよろしくお願いします。
Posted by 超初心者 at 2007年10月27日 10:24
超初心者さん:
やはり点滅して点灯するまで同じところに表示されているように思います。シグナルはデフォルトの赤丸、青丸で見ていますでしょうか?僕は見やすいにように矢印に変更しているのですが、矢印で見ても最初に点滅したところでシグナルが確定して留まっているように見えます。錯覚ではないのでしょうか?
いえいえ、こちらこそよろしくお願いします。
Posted by たかちゃん at 2007年10月27日 10:38
>>たかちゃん

例えばデフォルトの状態でQQEを起動させると、赤丸青丸のお尻(右端)がかかる足でサインが建ちますよね。
出来上がったチャートだけを見ると丸の真ん中、あるいはアタマ(左端)で建っているように見えてあたかも次の大陽線や大陰線を予想していたかのように見えます。
これはすごいと思って使ってみると大線が形成されている途中にサインが点灯するのでちょっとがっかりと、
「超初心者」さんが仰りたいのはこういうことでは?

その足(大線)の確定を待ち、次の足の始値で仕掛ける(SFS的に)と確かにパフォーマンスが落ちる可能性は否定できませんが
それでも大線形成途中の時点であればかなり有利なポイントであることに違いはありません。

このへんはなにをもってサインを有効とするか個人個人の判断が分かれてくると思うのですが、各種抵抗線上の持ち合いでなければサインが建ち始めた頃で確定、でいいんじゃないでしょうか。
もちろんそれを見極めるにはある程度の経験や知識が必要となってきますから例えば15分足であれば2〜3分待ってサインが消える様子がなければポジ建て、BBF的にこんな感じで自分ルールを作るのもいいかと思います。
もちろん非常に激しい上昇や下落が見られる場合には善は急げ、でいいですよね。

Posted by 米 at 2007年10月27日 19:56
私のCTで分足のバーチャートを見ていて、QQEのサインが出たときに垂直線を立てると1〜2本さかのぼってサインが出ているようです。
特に大陽線や大陰線が出現したときは、点灯したり消えたりせずにパッと点きますよね。
そのとき垂直線を立てると、あたかも大陽線や大陰線の出現前にサインが出たかのように表示されます。
私のCTがおかしいのかも知れませんね。アップデートしちゃいます(^^;)。
Posted by とめ at 2007年10月29日 03:01
サインのずれの件ですが、足の間隔が狭いと1〜2本さかのぼった位置にサインが立ち。足の間隔が十分に広いとその場に立つというように
作者が作ったそうですね。
と、いうことで、ずれる、ずれないは両方とも正しいのだと分かりました。私も矢印表示にしました。この方が見やすくてよいですね。
Posted by とめ at 2007年10月31日 11:22
とめさん:
そうなんですか。どこ情報ですか?元々が丸サインなのはそういう意味があるんですね。サインの位置というよりサインのお知らせという意味が強いのでしょう。そう考えると矢印表示にしてより正確に表示させてほうがベストですね。
Posted by たかちゃん at 2007年10月31日 11:52
たかちゃんさん:
2・3見つけましたが、覚えているのはこれだけなので、
一応これがソースということで(^^;)。
チョコボールさんのブログのhttp://blog.livedoor.jp/chocoball2007/archives/50771976.htmlのコメントの中にありました。
私も矢印表示のほうが好きです。このほうが、より正確な感じがしますよね。
以下は引用です。
--------------Start here----------------------
2. Posted by T.Y 2007年10月21日 20:26
クリスタ様

QQEのシグナルの件で誤解があるようです。
シグナルの出方は(確定の仕方)は通常のVTのトレーディングシステム
と同じです。
ですから、シグナルが確定した次の始値でエントリーとなります。
シグナルの●印が曲者で、ローソク足の間隔が狭いと左側にずれて表示さ
れるために誤解が生じているみたいです。
ローソク足の間隔を広げていくと・・・確認できます。
このままでは使いにくいので、トレーディングビルダーで、シグナルを
通常使用されている↑↓の矢印に変えて使用すると使いやすいです。

どうも、その辺りにQQE作者の何らかの意図が見え隠れしますね。
--------------End here----------------------
Posted by とめ at 2007年10月31日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。