2007年10月25日

QQEを使用した裁量で、本日30pips

今日のエントリーは前の記事のとおり1本だけでした。
QQEのシグナルは出ていましたが、前の記事の
とおりいいところで出ている反面、ダマシもあり、
方向性の定まらない相場なので様子見が続きました。

予想通り緩慢な動きですが、中古住宅販売件数の
悪化で円高へ動きだしています。


今日の結果は、

GBP/JPY 233.63S 233.33 30pips

です。30pips取れれば十分です。

ちなみに、とめさんのお誘いで、しろふくそうさんの
推奨するGMMAをMetaTrader4.0で描画してみました。

GMMA.bmp

これでトレンドがわかるようですが、まだいまいち
掴みきれていませんf^^;
どうやって見るのでしょうか???
ご存知な方教えてください!

今日はこの辺で。
明日ボラが高まればどんどん参戦していきたいと
思います。


posted by たかちゃん at 00:15| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
私も手元のMTで表示してみましたがいまいちよく分かっていません(笑)

さて、おととい月曜日から昨日午後イチにかけては非常に強いトレンドが生まれていたように思えたのであえてシステムを捨て、基本中の基本のトレンド線とそのブレークで勝負してみました。
結果は「大勝」です。
かっこで括ったわけは実は金曜日から持ち越していたLポジションが月曜の4円落ちで最大で500pipsの含み損を抱えており、それを完全に解消できた、という事で(笑)
下落時に救うべくナンピンと両建てを駆使して抜いた100pipsを加えると都合600pips抜けたことになり、ちょうどその分100pipsの利益が手元に加わりました。
上値での反転もトレンド割りでとてもきれいなチャートを描いていたのでドテンS、
さらに200pipsの含み益が出ていましたが夜に予想される下落に備えてか午後のワケの分からない買い支えに会いトレンド壊滅、刈られて14pipsだけ取れました。
後で見てみるとトレンド的にも日足のトレンド支え線に触れており、いつ反転してもおかしくない状況にあり、日足も毎日チェックしておかないとなあ、と強く感じました。
結局、夜割っちゃったんですけどね(笑)

夜の部では最後に来た上刈りに便乗してS確保。底を打ったところで57pips抜き。

激動の2日間、すごくないですか?(笑)
手元に増えたのは160pips分ですが
二日間で実質660pips確定、底で昨日午後を取っていれば850pips(笑)

ストップと基本の大事さを痛感した2日間。
結局利益は出ましたが、得たものの方がずっと大きいです。
もう全然BBFの言うこと聞いてないんですけど(笑)

それからフィボナッチの時間軸適用ですがもしかするとすげえかもしれません。
画像を使ってレポします。
誘導お願いします。

ではでは。仕事行ってきます。

Posted by 米 at 2007年10月25日 08:18
あ、三日間か(笑)
Posted by 米 at 2007年10月25日 08:25
たかちゃんさん:

私も、しろふくそうさんのブログにさらりと書いてあった
解説だけしか知らないのですが、
今のところ赤の収縮と拡散、その角度、間隔、及び
赤全体が向かう方向だけ見てます。
つまり、赤しか見てないんです(^^;)。

青は何のためにあるんだー?という疑問は有るものの、
赤だけ見ていてもトレンドの転換がかなり事前に分かると
思って気に入ってます。

一本だけくっつき始めたとか曲がってきたとか、
全体が収縮し始めたとか、収縮したら方向が変わって
広がり始めたぞとか、QQEだと上放れしたように見えるけど、
どれぐらい続くか、ちと分からないとき、GMMAが広がりつつ
あると「まだしばらくは続くようだな」とか、
「あまり広がってないから、すぐに下がるかな。でも収縮は
始まってないし、まだ大丈夫だろう」とか、転換だけでなく、
どれぐらい続くかの判断にも使えると思います。
赤だけー、そんな感じで、まだまだテキトーですが、
そのうち、また誰かが解説してくれるのではないかと期待してます。
Posted by とめ at 2007年10月25日 08:52
米さん:
やりますねぇ〜いい経験されて、僕もそんな経験をしてみたいです。今は沢山利鞘を取るというよりも、QQEのシグナルが正確なので、いかに確実に1日15pips獲得するか、ということを命題に取り組んでいます。そういう意味では米さんと目標感が対照的かもしれませんね。
米さんの取り組みはのちのち生きてくると思います。為替の相場なので絶対はないのですが、いかに確実に利鞘を取るか、10〜15pips程度でもいかに確実に取るかを主眼に取り組んでいるので、もしそういう観点でヒントがあったら共有させてください!

とめさん:
GMMAの見方、僕も研究したいと思います。イメージで捉えてもいいのかもしれませんね。そのために綺麗なグラフィックになっているのかもしれませんし。ロウソクの動きを複数の曲線で把握するというのは一理あると思います。ここは感性の部分かもしれませんね。お尻の曲線美と一緒かな(笑)
Posted by たかちゃん at 2007年10月25日 10:33
たかちゃんさん:
今日はトレンドラインを引かずにやって、大負けしちゃいました。
結果として下げトレンドに逆らって買いを入れてしまった状態です。
ただ、そのおかげでGMMAの青の見方が少し分かってきました。
これは、大きなトレンドを見るわけですね。

ですから、今日は何度か赤も青も共に収縮して方向を変える
場面がありました。(赤だけのときも多いです)
このときに大きくトレンドが変わるようで、青が開いている間は
トレンドが続くと見て良いようです。

そして大負けしてからチャートを振り返って見ると、
赤・青共に収縮して重なり、QQEもはっきりとサインを出している
という3拍子揃ったところがありました。
もしそこでエントリーすれば、2・3時間は遊んでいられるような
そんなデイトレが出来そうでした。

ともかくQQEは気に入ってます。
チャートにGMMA、サブウィンドウにQQE、色も変えて
テンプレートとして保存しました。

 近頃、GBP/TRYのスワップで生活を安定させようかなと、
そう思い始めたところです。
高レバレッジだと恐いのですが、スワップのないブローカーで
ヘッジすれば大丈夫と言う人も居て勉強してみようかなです。
それでも、ほったらかしはまずいので、毎日メンテナンスしながら
が良いかなです。
そんなときにもQQEは、強い味方になってくれそうです。
それと、お尻で培った感性をGMMAの青のラインの見方に応用でき
そうです(笑)。

追伸:
私は分足で見ていますが、他の足で見るとずいぶん違う物ですね。
これも今後の勉強課題かと。
Posted by とめ at 2007年10月26日 06:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。