2007年07月29日

サイン通りのオペレーションをするには・・・

今回のサイン通りにオペレーションするには、どのようにするのがよいのでしょうか?迷われている方いませんか?

今の状況は、たとえば下のような状況です。

・ポジション5万通貨ロングしているときに、サインが2万通貨ロングと出た

この状況で以下の2通りのオペレーションのやり方があるのですが、正しいオペレーションはどちらでしょうか?

どちらも、手仕舞い後のポジション量が3万通貨になるのは一緒です。

(1)5万通貨ショートして、2万ロングする

(2)3万通貨ショートする

ミリオネアFXのロジックを確認しました。あくまでシステム通りに取引したいという方は、参考にしてください。

システム通りに行わない場合、バックテストと同じ結果が得られないということなので。。。

正しいオペレーションは、 (1) です。

つまり、5万通貨ロングはすべて手仕舞いとなります。

ミリオネアFX作者の長谷川さんによるQ&A集は読まれましたか?

そのQ&A集に、「手数料がもったいないので差分を決済する」ように書かれているところがありますが、これは、買い増しする場合について書かれている内容と思われます。(ただ、買い増しする場合について書かれていたとしても、システム通りではありません。)

今回は買い増しではなく、特に、(1)(2)で残った3万通貨の約定値が異なることになりますので、どちらで行うかで意味が異なります。

ご参考まで。
posted by たかちゃん at 22:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サインが出ましたがいかに・・・

円高で膨らんだ含み損ですが、損切りのサインが出ました。

今まで何度か起きている円高局面と同じ調整相場と仰る方が沢山いらっしゃるようです。僕もそう思います。

これまで似たような動きがあったとすればなおさら、サイン通りに従ってみようかなと思ったのは僕だけでしょうか?

ミリオネアFXのロジックは、過去○週間の値を元に組まれていますが、これほど大きな円高があると、底値を迎える前に最初の買いサイン(今回であれば先々週のサイン)が出ることになるため、円高に引きずられて痛手を被るイメージを抱きました。(上手く表現できているかな?)

つまり、先手を取って仇討を食らってはいますが、戦局はこちらにあるという感じです。すべての通貨にサインが出ましたが、これからがんがん勝ちを繰り返していけるように思いますが甘いですかね〜

とにかくサイン通りにしてみたいと思います。

追伸:実は、ミリオネアFXとは全く違う投資方法で、もっと安定的に1億(複利で5年ぐらいかかりますが)稼げる方法を思いつきました。はったりではありませぬ!この際、乗り換えようかなと思っているところもあるのですが。。。いろいろ考えちゃいますね。

ぜひぜひ、どんなことでもよいのでコメント残していただければ幸いです。
posted by たかちゃん at 01:40| 東京 🌁| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

携帯電話の壁紙で為替レート表示

携帯電話の壁紙に為替レートを表示できたらいいなと思ったことありません?

証券会社のサイトにログオンしないと見れないんじゃ少し手間ですし、
携帯をみたときに何気なく為替レートがわかるように壁紙に表示できないかいくつかの証券会社をあたってみたのですが、やっと1社見つけました!

☆オリックス証券です。(ちなみにドコモです。)

設定で30秒、1分の間隔でレートを自動更新することができます。
同じような思いの方がいたら試してみてはどうですか?

ドコモで、imode→メニュー/検索→証券→オリックス証券で参照してみてください。
posted by たかちゃん at 15:41| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

シストレにいい本ですねぇ〜

システムトレードをしている方はすでに読んでいるかもしれません。

アマゾンのレビューをみて購入したのですが、レビューの通り「当たり」でした。

考え方、システムに対する評価など、とても共感するところが多く、同じようなことを考える人はいるんだなぁ〜と少し嬉しい気持ちにもなりました。

この本を読めば、システムのモデルを構築するためのヒントやアドバイスが得られるはずです。
システム化する際の注意点などは書かれているのですが、欲をいえば、システム化する際の難易点についてまとめて欲しかった気がします。システム化する際にぶち当たる壁のようなものを感じるときがあります。とくにスリッページや損切りの組み込みの際に、とてもシステム化できないようなアイデアが浮かびますが、そのようなときの対処法がはっきり書かれていると最高だと思いました。

ただ、それでも十分に今のシステムトレーダーとしてのスキルを向上させてくれるものが書かれていると思います。


posted by たかちゃん at 12:17| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ためになった為替本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ピボット指数で今後を考察

こちらのサイトでピボット指数というものを知りました。

FX大好き娘さん

このピボット指数は、短期の逆張りを行うのが基本の使い方のようです。

・毎日使えてサラリーマン向き
・相場に張り付いている必要がない
・ミリオネアFXと同じ逆張り

という点で興味がわきました。

先週07/16-07/20のピボット指数を作成してみました。こんな感じです。

PIVOT_day.jpg

20日(金)の下落で価格帯のばらつきが出ています。

ピボットの使い方
 R1〜R2のレンジは買いゾーン
 S1〜S2のレンジは売りゾーン
 HBOP以上になった場合、売り玉を手仕舞い(損切り)
 LBOP以下になった場合、買い玉を手仕舞い(損切り)
に照らしてみると、

119.98〜120.63の間が買い、
122.17〜123.06の間が売り、
123.71以上になった場合、売り玉を手仕舞い
119.09以下になった場合、買い玉を手仕舞い

となるようです。

では、週足ではどうかというと、こうです。
ピボット指数は、短期で使う指標のようなので、週足に適しているかどうかは不明です。とりあえず作成してみました。

PIVOT_week.jpg

先週ミリオネアFXのエントリーポイントは、多少エントリー時間に前後はあっても121.85辺りだったと思います。ちょうどこの数字は、S1とR1の間に位置します。買いゾーン、売りゾーンに入らない、真ん中あたりです。

20日(金)は、想定外の円高だったわけですが、こうしてピボットでみると、エントリーポイントは買いとも売りともつかないゾーンにいて、円安に向かえば十分抜ける位置にいることがわかります。

ローソク足も表現したかったのですが、エクセルでどう描くのかわかりませんでした(@_@;)何かいい方法をご存じの方がいたらアドバイスください!

見よう見まねでピボットを考えてみましたが、サインがでないときのツールとして活用できないか検討してみます。

ではでは。
ラベル:ピボット指数
posted by たかちゃん at 10:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

含み損のまま持ち越しに・・・

含み損を抱えたままポジション据え置きになりました。

ドル円本当に戻ってくるのか気になるところですが、システムの通りに淡々と従うしかないですね。

まだポジション量が大きくはないですが、これがそうではなくなったときには、しっかりメンタルケアをしていないとシステム通りにトレードできない気がします。

さてこれからどうなることやら・・・
とりあえず来週の動きを待つしかないですね。
posted by たかちゃん at 23:23| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 運用記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

購入者特典プレゼント

バックテストデータが欲しいという声をいくつかいただきました。

そこで、僕のブログの広告からミリオネアFXを購入された方に
限り、以下の手順でバックテストデータをプレゼントいたします。

<手順>

@当サイトの広告からミリオネアFXの商材レポート
 に入り商品を購入します。

Aインフォトップから注文完了のメールが届くので、
 そのメールを下記アドレスまで転送します。
 taka_kami0801@yahoo.co.jp
 その際、メール内に注文IDがあることをご確認ください。
 個人を特定する名前などは適当に削除していただいてOKです。

B確認後、僕のほうから、メールの返信にてバックテスト
 データを送付させていただきます。

※すでにミリオネアFXを購入されている方には、
 申し訳ありませんが、提供しておりませんのでご理解ください。

<特典の内容>

・EUR発足の1999年以降のバックテストが可能な内容です。
 ミリオネアFXで使用する全通貨ペア(5つ)の
 1999年以降の初値、終値が装填されていますので
 膨大な手作業等は皆無です。ご安心ください。
・従って1999年以降の損益曲線をご確認いただけます。
・使用方法は、ミリオネアFXと同じです。
・スワップは敢えて補充しておりません。
 損益確認重視のためです。

ご不明な点はメールいただければご案内いたします。
posted by たかちゃん at 15:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 購入者特典プレゼント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

バックテスト期間を拡張して検証しました!

EURが導入された1999年からバックテストの検証期間をひろくとって結果がどうなるかを検証してみました。

結論からいって、円安傾向でない場合は利益がでないシステムだと思います。

1999年から2007年5月までの損益推移グラフを作成しましたが、収益推移が右上がりになるのは、2004年末から2005年初あたりからです。
商材のバックテストは、右肩上がりになる部分のみを抜き出したようにも見えなくもないです。

ここからはレバレッジによって異なるのですが、12倍だと、
1999年初から5月ぐらいにかけて、収益があがりますが、1999年末にもとの水準(初期資産額)まで下がり、さらに元手を大きく損失した状態で2004年末あたりまで低空飛行する感じです。

レバレッジが6倍程度だと、
同じく1999年初から5月ぐらいにかけて、収益があがりますが、1999年末にもとの水準(初期資産額)程度で水平推移して2004年末あたりまでいく感じです。

はっきりいって、円安傾向でないと、2004年末から2005年初あたりからの収益推移は出ないと思います。

個人投資家による高金利通貨買いが目立ってきたころと重なるとすれば、この円安傾向はしばらく続くと思われるので傾向が続く限り使えるのかもしれません。
個人投資家による高金利通貨買いはもちろん、円の低金利がもとで人気があるわけなので、円の低金利が続く限りと解釈することもできるかもしれません。

少し期待はずれだったのでショックです。
といいながら、少し感覚としてそうかなぁーと思っていた範囲ではあります。

スワップ狙いのトレードは、円安傾向に下支えされているトレードといえると思いますが、その円安傾向に対して円高時の押し目買いを狙うトレードがミリオネアFXのトレードです。ある意味スワップ派と共通したトレード方針ですが、為替差益も円高時を狙って果敢に取りに行くトレードというイメージですね。

なお、スワップ金利は2005年初以降のデータしか用いていない(商材のまま)ので、その効果が薄れて収益推移に現われているかもしれません。
(余力があれば、スワップも考慮したバックテストもしてみたいと思います。)

posted by たかちゃん at 13:56| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムトレードにメリットあんの?

システムトレードのメリットをあげてみました。
(重複無視です)

・損切りや利益確定のルールを明確化できる
・感情の入る余地がない
・一定の期待値を出すトレードができる
・勝率にこだわらずにプレイできる
・テクニカルのダマシにあいにくい
・テクニカルのダマシにあっても割り切れる
・負けてもある程度納得できる
・プレイヤーにならないので全体をマネジメントできる
 (やることがない優秀なマネージャーみたいな・・・)
・ファンダメンタルズの入る余地がない
・逆にファンドメンタルズに対し冷静な見方ができる
・思いも寄らないルールが見つかる(バックテストの結果)
・毎回計算する必要がない
・INPUT/PROCESS/OUTPUTが明確なので理論的
 (あいまいさが排除されてる)
・マニュアルがあれば誰でも利用できる
・INPUTの変化に対して効果的にバージョンUPできる
 (最適化できる)

システムを使用しない人でも上手く稼いでいる人は、
システム的に行動できている人かもしれませんねー

posted by たかちゃん at 01:08| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 僕の投資方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

FX取引の急増

今朝の読売朝刊で、「FX取引急増」という記事がありました。

民間調査ですが、
今年3月末の口座数が前年同期と比べて、95%増の66万口座(倍近く!)、預け入れている証拠金の残高に関しては、62%増の6133億円に達したそうで、この急増は、個人投資家の増加によるもののようです。

ここ1年間に急増したようです。
マスコミの報道などにもよるのかもしれませんが、何が要因で倍増したのでしょうかね。

僕みたいな泡良くば一攫千金!という人が増えたということでしょうか?
絶対値でみれば、1億数千人いる国民のうち、たったの66万口座なんで
ごくごく一部の人しかしていないわけですが。。。

数年後に、億万長者が急増という報道に代わっているかもしれまんね。



posted by たかちゃん at 15:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

カーブフィッティングについて

カーブフィッティングとは、システムを過去の相場にぴったり合うように過剰に最適化することのようですが、このカーブフィッティングがシステムの良し悪しを決めるようです。

過去の相場に合うようにシステムを作るので、バックテストの成績は優秀になるのですが、実際の取引で使うと過去と未来は同じではありませんので、大抵の場合、バックテスト通りに行かないようなことがおこるようです。

ミリオネアFXはカーブフィッティングしているのでしょうか?

僕はしていないと思います。
・システムの売買ルールがすごく単純
・シンプルな売買ルール以外でダマシを排除するためのフィルターがない
・条件のパラメータを少しづつ変化させると少しづつ収益グラフが増加減する
・ポジション保有期間が一定
などが、そう思う理由です。

まだまだ素人感覚なので詳しくは勉強中です。
このあたり造詣ある人いたら教えてください!

カーブフィッティングについての記事は以下
http://app.blog.livedoor.jp/mastertraders/tb.cgi/50361629
posted by たかちゃん at 22:37| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ミリオネアFX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレードシステムに関する記事みっけ

良いシステムとはどんなシステムかということについて書かれたいい記事ですね。僕もこの記事の内容に共感します。

http://app.blog.livedoor.jp/mastertraders/tb.cgi/50383514



posted by たかちゃん at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来週ポジション持てそうです。

ミリオネアFXを実践するにあたって、新しい口座の開設が済んでいなかったのですが、火曜日に入金さえすれば利用開始できそうです。

火曜日朝一の購入には出遅れますが、今週出たサイン通りにポジションを持つことができそうです。

僕の利用する業者の注文システムは、とてもよく出来ている印象があります。

これでも、システムエンジニアなので、システムの画面構成など使い勝手が悪いと一人で腹を立てるようなたちなのですが、僕の利用する業者の注文システムは見るからによいシステムです。

あとは使いこなしてみてどうかというところでしょう!
まだ十分に使いこなしてはいませんが、慣れてきたら紹介したいと思います。

posted by たかちゃん at 15:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

為替のお勉強に。。。

為替のお勉強には、ベストな教科書本ではないでしょうか。
特に、サラリーマンとしてディーラーになりたい人がお勉強のために読む本だと思いました。

逆に言うと、これを読んだからといって、勝つことができるようにはならないと思います。勝つことができるような投資哲学や方法にも至らないと思います。本のタイトルのような、「勝利の方程式」は何一つわからないかもしれません。

とても、内容は理論的です。ですが、特異な内容かというと、けっしてそうでもありません。つまり、理論的な人ならば、容易に文章展開できる内容であって、書かれていることは至極当たり前、といったところではないでしょうか。
人によって感じ方は違うかもしれませんが。
(実際のプロの話が織り交ぜてありますので新発見はありました!)

プロのディーラーがどのようなトレーダーをしているかわかりませんが、(銀行のカスタマーブローカーの仕事っぷりは、一緒に仕事をしたこともあるのでおおよそ知っているのですが)プロのディーラーのために書かれた本であって、けっして個人投資家のために書かれたものではないので注意が必要です。

常時パソコンに向かって、プロディーラーのように取引に参加している人であっても、です。

個人投資家が勝つには、為替の大きな流れの中で、特徴をつかみ、感情を入れずに、淡々と売買指示を出すことだと私は考えています。

「特徴をつかみ」というのは、過去のデータから現状調査し、金脈を見つけることだと思っていますので、そのことに対してアプローチのない本書は、まさに、教科書本であって、勝つための本ではありません。

著者の上司のことを取り上げて、その上司の投資姿勢について書かれている箇所(コラムの中)があるのですが、天才と言われて別格扱いされていた上司の投資方法は、きっと、そんな金脈に従ったトレードだったのではないかと思います。著者は全く別の角度から、少し稚拙ともいえる見方をされています。

これは偏見かもしれませんが、理科系上がりのディーラーって少ないのではないでしょうか。理科系センスのあるディーラーです。
きっと「魚市場のせり」と似たような感覚がプロのディーラーの
世界にはあるのかもしれません。

ですが、読み物としては楽しかったです。
だらだら読ませていただきました。



posted by たかちゃん at 19:21| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ためになった為替本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サインが出ました。

ここ最近なかなかサインが出ていなかったようなので、
(ミリオネアFX購入前は人から聞いた話しかわかりませんので)
あらためてサインが出るとわくわくするものですね。

サインが出て喜んで、サインが出ずにがっかりして、
出たサイン通りに相場がうまく動いてくれればはにかんで、
なんだか、システムトレーダーにあるまじき精神ですが、
このわくわく感がたまらなくいいです。

一喜一憂する性格なので、無駄な情報にながされずにトレードできる
システムを選んだつもりなのですが、やっぱり人間ですね。

<サイン>

設定 :資金40万(レバレッジ12倍)
サイン:USD/JPY 39,000通貨単位

実はまだ、業者への口座開設が済んでないんです(-_-メ)
だから、デモ講座でお試しです。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
posted by たかちゃん at 16:47| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

具体的な投資方法

自分の投資哲学、投資方法が見えてくると、他人の投資方法が気になりだします。そのような方は、以下の本をお勧めします。

この本は、5人の生活環境の異なる投資家が、どのような考え方、ポリシーで投資を行っているか、とてもリアルに書かれています。
失敗談なども取り上げられているので参考になると思います。


posted by たかちゃん at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ためになった為替本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投資に対する考え方を変える本

投資に対する考え方、ポリシーが定まっていない方に最良の本だと思います。
投資哲学から投資方法、具体的な投資手段を決めることがいかに大切かが書かれています。

投資に対する考え方、ポリシーが定まらずに、大負けしている人はぜひ、
この本を読んで、もう一段ステップアップされるといいと思います。


posted by たかちゃん at 12:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ためになった為替本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初心者向けに最良の本

FX初心者向けの本は巷にあふれています。

中級〜上級の本が少ない中、逆に初級の本となると様々な本が反乱しています。
その中でも、しっかりとFXのことがわかり、頭の中がきちんと整理できる良本がこれです。



posted by たかちゃん at 12:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ためになった為替本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ミリオネアFXを始めました。

ミリオネアFXを購入しました。(購入日7/6)

これからが楽しみです。


200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成! ミリオネアFX
posted by たかちゃん at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

投資スタイルについて

僕の投資哲学を満たしてくれるツールが「ミリオネアFX」だと思っていましたが、急激な円高で運用資金の8割近くが消えてしまいました。

実践してみて感じたことは、トレード回数が1週間に1回ということでサラリーマンにとって時間が取られずにいいのですが、やはり1週間に1回ではトレード回数が少なすぎる!!!もっと回数を増やして効率よく稼ぐシステムがよいと思うのです。実際に儲かっていればこう思うこともなかったわけですが。

では、今流行りのBIGBANG FX 5やSuper FX SYSTEMがいいかというと、確かに利益率が高いのですが、投資回数がそれほど多くない。。。

そこで、頻繁に出現するサインを手かがりに、デイトレードで機械的に(システム的に)投資することに至りました。

サインは1日12回出現します。ですから、1回のトレードで10銭抜ければ、120銭、つまり日利120%の目標達成です。

(2007年09月追記)

デイトレードもかなり骨が折れると痛感しました。1日の目標を90pipsとしましたが、平均的に90pipsを得ようと思うと、精神的、心理的にかなり疲れがたまります。

そこで、当初のシステムトレードに戻り、実際にシステムを使った運用を再開します。

(2007年10月追記)

複数のシステムを並行運用していくスタイルに変更です。どんな相場にも対応したシステムが存在するとは考えずらく、複数システムをその場の相場に合わせて利用していくスタイルです。その場の相場に合わせてというと難しいことに聞こえますが、簡単に言うと、調子のいいシステムをその時のメインに使っていく、ということです。BIG BANG FX5、及び、Super FX SYSTEMを使用しています。

posted by たかちゃん at 00:00| 僕の投資方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。